HOME>特集>全国から生徒が集まる

未来を描こう

勉強道具

高校進学にあたっては、全日制と定時制をメインに考える方が大部分ではないでしょうか。そんな中、新たな選択肢として注目されているのが通信制高校です。若いスポーツ選手が選ぶことで知られていますが、近年は敢えて通信制高校を選ぶ若者が増えています。マイペースで勉強することが出来る上に、仕事をしながら高校卒業を目指せます。中退者の勢いが受け皿としても注目されていて、単位の引き継ぎが出来るのも利点ではないでしょうか。大阪の通信制高校には、全国各地から生徒が通っています。10代の生徒だけでなく、中高年やシニアも通っています。

学習方法に関して

授業

通信制高校の学習スタイルとしては、自宅での勉強が中心になります。期限までに課題を提出して、進級や卒業を目指すことになります。年に数回のスクーリング授業があるので、実際に学校に通う必要があります。全国各地の生徒との交流は、刺激がもらえてモチベーションアップになります。五年以上をかけて卒業する生徒もいますし、卒業後は大学に進むことも出来ます。怠けていると留年もありますし、その点のシステムは全日制や定時制と同じです。大阪の高校生は、全国平均に比べると中退率が高いと言われています。再出発の夢を叶えてくれるのが通信制高校ですし、役割は以前にも増して大きくなっています。