学校選びのポイントとは

教師

大阪で通信制高校に入学をしたい場合、選ぶにはいくつか押さえておきたいポイントがあります。まずは、「公立」にするか「私立」にするか、という点です。公立は学費が安いというメリットがありますが、私立に比べサポートは多く期待できません。一方の私立は個人や少人数レッスン等のサポートが多い反面、学費はどうしても高くなります。次に「学費」を払えるかどうかが重要です。公立なら入学金は無料から500円程度、授業料も1単位500円未満のところがほとんどですが、私立になると入学金は数万円、授業料も1単位1万円弱が相場です。そして、通学するコースが将来の目的に合致したものかどうかを考えましょう。最近の私立通信制高校ではバラエテイに富んだコースが充実しています。美容や芸能等のコースもありますので、将来の夢に向かって進路を絞っていく事も大切です。

学校の選択にあたり注意すべき点

学校の先生

大阪で通信制高校を選ぶ場合には、大切な注意すべき点があります。公立の通信制高校の場合には、学校所在地のある都道府県に住んでいるか又は勤務していることが条件となります。私立の場合でも全国に学習センターを設けている広域の学校ならば入学は出来ますが、学区が制限されているところもあります。また、自宅学習が基本の通信制高校でも、年に何回かスクーリングといって登校する必要があります。私立の場合では通常の学習は自宅近くの学習センターで行えますが、スクーリングは本部のある場所で実施する学校も多いです。特に本校所在地が遠隔地の学校の場合は、スクーリングに行くのが大変ですので、その点も事前に考慮しておきましょう。

学費負担を減らすために利用したい制度

ノートを取る

大阪の通信制高校にかかる学費は「高等学校等就学支援金」でフォローしてもらうことができます。公立・私立に限らず、世帯収入に応じて支給されるものです。国から学校に直接支払いが行なわれ、授業料に充当されます。収入の該当範囲は年収で910万円未満となっていますので、少しでも学費負担に不安がある場合は、是非利用すると良いでしょう。但し、充当されるのはあくまでも授業料で、テキストや通学費用には利用できませんのでご注意ください。

オープンキャンパスに参加しよう

授業

大阪の通信制高校選びをする際に、インターネット等である程度行きたい学校が何校か絞れてきたら、資料請求をしたり、オープンキャンパスに参加してみることをおすすめします。条件が合致し、将来進みたいジャンルのコースを見つけても、実際に自分の目で見て確認することが何よりです。その際、事前に疑問点や質問事項を整理しておき、遠慮なくスクールスタッフや講師にどんどん質問してみましょう。加えて、その学校のサポートがどれだけ厚いかもチェックすると良いでしょう。私立の場合は、相談サポートも充実しているところが多いですが、効率よく学習を進め継続するために、個人の生活スタイルに応じてプログラムを組んでくれるかどうかも、事前に確認しておくと良いでしょう。通信制の学校では継続に意志の強さが必要になります。挫折しない為にもフォローが厚い学校を選ぶことが肝心です。